【メイク時間が短縮できる】二重整形施術の特徴を徹底解説

アイメイクとはさようなら

目元を触る人

効果的な整形法を知ろう

二重整形をすると、今までアイメイクにかけていた長い時間がなくなって、解放されたと感じる人が多いのではないでしょうか。何年も毎日アイメイクにかけるコストを考えれば二重整形にかかるコストとさほど変わりませんし、リスクの面でも大きく低減出来るのは魅力。もっと早く受けていれば良かったと感じると思う人は少なくないでしょう。これから二重整形を受けようという人は、施術には大きく分けて2つの種類があることを知っておきましょう。まず1つめは埋没法で、まぶたの中に糸を埋め込む方法。手術時間はだいたい10分から20分程度で、非常に手軽な方法です。数日腫れが出る場合があることと、効果には一定の持続期間があることは予め知っておきましょう。万が一修正したい場合にも比較的容易に出来ますし、手軽に二重整形が出来るのがメリットです。ただ、まぶたのたるみが強い場合は、理想の二重を作れない場合もあります。糸で止める箇所が1箇所の場合や2箇所の場合などで仕上がりのデザインや持続期間も変わりますので、事前によく相談して下さい。そしてもう1つの方法は、メスを使った切開法になります。切開法には全切開法と部分切開法とがありますが、部分切開法は1cm程度の切開になるので負担は比較的軽めです。部分切開法の手術時間はおよそ1時間ほどで、ダウンタイムは最低でも1〜2週間は見ておきましょう。埋没法より取れにくく、美しい二重ラインを作ることが出来るので、効果の高い方法です。全切開法は、手術時間は2時間程度、ダウンタイムも長めになります。一般的に腫れのほとんどは2週間程度で落ち着きますが、ラインの完成までは4〜6週間ほど待ちましょう。いずれにしても大切なのは、自分が理想とする美しい目を作るためには、どういった施術が一番適しているかを知ることです。そのためには事前カウンセリングで担当医師としっかり相談をして、今の目の状態と施術内容とをきちんと理解することが大切です。場合によってはいわゆる二重整形ではなく、目頭切開や目尻切開などの手術を行ったほうが目を大きく見せられるケースもあります。様々なアドバイスを聞いて、納得出来る方法を選んで下さい。

埋没法のメリット

医師

埋没法はまぶたを一切切らないので手軽にできる二重整形です。沢山の二重の美容整形がある中で、埋没法は低リスクかつ低料金です。糸を入れて固定するだけで、不自然ではなく自然な二重ラインを作ることができます。

目に変化をつけてみる

目元
目を二重にしたい場合、市販の道具を使ったりマッサージをするなど、自力でやる方法もありますが、その場しのぎであることが多いです。本格的にやりたい人には二重整形がおすすめで、予算に応じて自分の好みの施術を選ぶとよいでしょう。

痛みもなく簡単な施術

頬を触る人

二重整形は、手術時間も短く、痛みもほとんどないのが魅力です。一度手術を受けると、半永久的にぱっちりとした二重まぶたが手に入るため、アイプチで二重を作る時間も短縮できます。糸で留めているだけなので、気に入らない場合は、元に戻すことも可能です。

明るい印象

目元に触れる人

二重整形の手術は、ほんの数十分程度顔の印象を大きく変えてくれます。一重まぶたで腫れぼったいまぶただった人は前向きに手術を検討してみると美しさを手に入れることが出来ます。費用面もリーズナブルな設定としているクリニックも多いです。

切らずにできる埋没法

ウーマン

二重整形を初めて行う人は、施術の方法と特徴を知っておく必要があります。施術には切らずにできる埋没法と、まぶたを切開する切開法の2種類があります。埋没法はナチュラルな仕上がりに、切開法はハーフのようにぱっちりした二重に仕上がります。