【メイク時間が短縮できる】二重整形施術の特徴を徹底解説

医者

目に変化をつけてみる

目元

目を変化させる

一重の目もそれなりに魅力的ではありますが、目が腫れぼったくみえてしまったり、きつい表情に感じられることもあるので、優しい感じに見える二重に憧れる人は多いことでしょう。市販されている道具をつかって皮膚を密着させることによって一時的に二重にみせたり、またマッサージなどをすることにより二重に近づけることも可能ですが、いずれも一時的な方法に過ぎません。それにまた間違った使い方やマッサージをし続けた場合、皮膚を傷つけてしまうおそれもあります。自力で二重を作るのには限界があるので、どうしても二重にしたいと考えている人であれば、二重整形をおすすめします。整形と聞くと抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、施術方法は様々です。例えば、埋没法という二重整形では、皮膚を切らずにふたつのラインを留めるという方法を使います。元に戻りやすいというデメリットはあるものの、施術時間は数分と非常に短く、また費用は2万円弱が一般的といえます。また埋没法は、皮膚を留める箇所を増やして、より強固な二重にするという選択肢もあります。もちろんこの場合、留める場所が増えるため、費用も若干多めにみておく必要があります。また、まぶたの脂肪を除去することによりその腫れぼったさを解消し、埋没法と組み合わせることでさらにきれいな二重が望めます。この脂肪除去は、追加オプションとして10万円ほどかかるとみておくのが良いでしょう。さらに本格的に二重整形をしたいという人であれば、皮膚に切り込みを入れて糸で縫いつけることにより、より確実な二重を作り出すことができます。皮膚に切り込みが入りますが、糸で強く固定されるので、埋没法と比べるとはずれてしまうというようなリスクは少ないといえます。値段は10万円ほどが相場で、万が一糸がほどけてしまったような場合、一定期間は保証をしてくれるクリニックもあるようなので、お手頃な価格ではないでしょうか。このように、二重整形の方法にはいくつかありますが、予算を考えつつ、自分にあった施術を慎重に検討してみることが重要です。