【メイク時間が短縮できる】二重整形施術の特徴を徹底解説

医者

埋没法のメリット

医師

沢山のうれしい魅力

二重整形の中でも一番簡単で自然な仕上がりになるのが「埋没法」というプチ整形です。クリニックによってクイック法やベーシック法など呼び方が違いますが、糸だけで二重まぶたを作る「切らない二重整形」であることは共通しています。埋没法では髪の毛よりも細い糸をまぶたの裏側から入れて中に埋め込む方法で行う二重整形です。ひだができるようにまぶたを糸で固定することによって、一重のまぶたが二重まぶたに変化するメカニズムになっています。埋没法のメリットは沢山ありますが、なんといっても切らないので体への負担が少ない、失敗するリスクが限りなくゼロに近いという点が第一です。一時的に糸で仮止めしている状態なので、二重ラインの幅を変えたくなったら糸を取って変えることも可能です。仮止めなのでまれに糸が取れることもありますが、それは糸を一点で止めた場合です。二点法や三点法など複数の箇所で固定する埋没法の場合は、半永久的に二重のラインが持続します。いかにも整形した感じがしない、生まれつきのような二重まぶたになるのも埋没法のメリットです。カウンセリングのときに執刀する医師が、一人一人にあった不自然ではない二重まぶたのラインをデザインしてくれます。もちろん自分で「こういう二重まぶたになりたい」という希望を出すこともできます。百戦錬磨の医師がなるべく希望を聞きながら、なおかつ自然な仕上がりになるようにラインを決めてくれるので安心です。埋没法でうれしいのが手術費用の安さです。二重整形には全切開法や部分切開法などもありますが、一番費用が安いのが埋没法です。手術費用は一点止めなら2万円程度です。二点止めの場合は5万円、三点止めの場合は8万円が相場です。これは左右合わせての費用で、相場としては6万円程度出せばしっかりと取れない埋没法ができます。数万円出せば憧れの二重まぶたになれるので、一生アイテープなどで二重を作るよりもずっと経済的です。もちろんアイテープとは違いメイクをオフしても落ちることはなく、ぱっちりした二重の目元が自分の特徴になります。